感染すると恐ろしい梅毒

昔は梅毒に感染してしまうと、なかなか治す事の難しい病だと言われていました。しかし現在ではペニシリンという薬が開発されているため、治す事の出来る病へと変わってきたのですよ。しかし梅毒に感染してしまうと、長い潜伏期間に症状が進行してしまいます。また症状は時に変化していくのですよ。恐ろしいですね。最初は、風邪のような症状が約3か月ぐらい出るのですが、その後一旦落ち着きます。しかし体内では梅毒は増殖し続けているのです。そのまま10年が過ぎると、心臓や脳などの器官にダメージが与えられて、最後には死亡してしまいます。

kjeinbjfjjrfi.com